新着情報

産業医制度の在り方に関する検討会報告書等について

2017年5月16日

 平成27年12月から労働安全衛生法(以下「法」という。)に基づくストレスチェック制度が新たに導入され、ストレスチェック及び面接指導の実施等に関することが産業医の職務に追加された状況にあります。
 また、法が制定された当時と現在では、産業構造や産業保健における主要な課題が変化してきており、事業場において求められる労働衛生管理の内容や産業医に求められる役割等が変化してきています。
 こうした背景から、法における産業医の位置づけや役割、小規模事業場における労働衛生管理体制等について、産業現場のニーズを踏まえつつ、改めて検討することが必要となっています。
 このため、産業医学の専門家、法律の専門家、産業医、労働衛生の専門家、産業保健に関わる各団体、経営者団体、労働者団体の参画を得て、「産業医制度の在り方に関する検討会」が開催され、下記のとおり、その結果が取りまとめられました。

産業医制度の在り方に関する検討会報告書(本文)
産業医制度の在り方に関する検討会報告書(参考資料編)