産業保健コラム

スタッフ

平成29年度全国労働衛生週間実施要綱説明会(宇和島支部)が開催されました

2017年09月

・平成29年9月6日に主催(公社)愛媛労働基準協会宇和島支部、共催愛媛産業保健総合支援センター、後援宇和島労働基準監督署による平成29年度全国労働衛生週間実施要綱説明会が開催されました。

 

・当センターの宮内文久産業保健相談員((独)労働者健康安全機構 愛媛労災病院 院長)が「女性の健康管理と労働環境について」と題した公演をされました。

・公演では、人口ピラミッドはヤクルト型となっており、女性の労働力は必要不可欠となる中、就業形態の男女の差やライフイベントによる女性の就業形態の変化、共働き世帯の変化や女性の労働参加と出生率、男女の中間管理職が男女の病気を理解しているか、就労女性と専業主婦では子宮筋腫で症状を自覚して外来を受診するまで3か月もの差があること、3か月の差は職場への配慮であることなど男性中間管理職は女性従業員の健康管理を理解していない等これから推進しなければならない「治療と仕事の両立支援」の職場における配慮の必要性等を理解しました。

・また、当センターの米子真理両立支援促進員から「治療と仕事の両立支援」の進め方や両立支援促進員の活用のお願いがありました。

説明会の様子

・              公演の様子

 

記事一覧ページへ戻る