新着情報

労災疾病等医学研究普及サイトのご案内 【「働く女性の健康」について】

2017年9月25日

・独立行政法人労働者健康安全機構では、労働災害の発生状況や行政のニーズを踏まえ、労災補償政策上重要なテーマや新たな政策課題について、時宜に応じた研究に取り組んでいます。「労災疾病等医学研究普及サイト」では、現在実施している9テーマの研究紹介に加え、これまで実施してきた研究成果についても掲載しています。

その中から、「働く女性の健康」についてご紹介します。

・独立行政法人労働者健康安全機構では、女性特有の月経関連障害、更年期障害が働く女性のQOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)にどのような影響を与えるのか、夜勤や長時間労働は女性に特有の影響を与えるのか等、性差による健康への影響について研究を行ってまいりました。また、その研究を活かし、特に女性のQOLと就労支援について考えて働く女性のための医療フォーラムを開催し、医療関係者や一般の参加者の方と、女性の就労支援について考える場をもっています。今年度も平成29年10月21日(土)に和歌山市の「和歌山県JAビル」で女性医療フォーラムの開催を予定しております。当ページを通じて研究成果やフォーラムのご案内を発信しておりますので、ご覧ください。

http://www.research.johas.go.jp/22_jyosei/index.html

・また、過去の女性医療フォーラムの様子はこちらからも御確認いただけます。【(独)労働者健康安全機構】
(女性医療フォーラム)https://www.johas.go.jp/yobo/mental/tabid/367/Default.aspx