• ホーム>
  • 新着情報一覧>
  • 【治療と仕事の両立支援】12月3日開催「病気になっても働き続けるために」講演会のご案内

新着情報

【治療と仕事の両立支援】12月3日開催「病気になっても働き続けるために」講演会のご案内

2017年11月6日

・病気を抱える労働者の中には、働く意欲や能力があっても、通院をはじめとする治療と仕事の両立を可能にする体制が、職場において不十分であるために就労の継続や復職が困難になる場合も少なくありません。

・治療と仕事の両立を支援していくために、今年度7月に愛媛県内の関係機関により「愛媛県地域両立支援促進チーム」が設置されました。

・講演会では、各機関の取組について講師の先生方にお話いただき、労働者が安心して治療を受けながら働き続けるために、取り組めることをご一緒に考えていきます。ぜひご参加ください。

 

◆日 時  平成29年12月3日(日) 13:30~16:30

◆場 所     愛媛県医師会館4階会議室(松山市三番町4-5-3)

◆対象者    事業主、衛生管理者、労務管理担当者、産業保健スタッフ
・     産業医、医師、保健師・看護師、労働者の方々

◆参加費  無 料

 

◆【講演内容】

来賓挨拶  濱本 和孝 氏(愛媛労働局長)

「治療と仕事の両立支援の推進について」 

・  三好 剛史 氏(愛媛労働局 労働基準部 健康安全課長)

「愛媛産業保健総合支援センターの取組」

・  米子 真理 氏(愛媛産業保健総合支援センター 両立支援促進員)

「企業を対象とした取組」

・  灘野 成人 氏(四国がんセンター 患者・家族総合支援センター長)

「多様な就労支援について」 

・  宮内 文久 氏(愛媛労災病院 院長)

「かかりつけ医の取組」 

・  今川 俊一郎 氏(愛媛県医師会 常任理事)

「事業主としての取組」 

・  根岸 茂登美 氏(藤沢タクシー株式会社 代表取締役)

「肝疾患と就労支援」

・  日浅 陽一 氏(愛媛大学医学部付属病院 肝疾患診療相談センター長)

○ 閉会挨拶  菅 拓也 氏 (愛媛県医師会 副会長)

 

※本研修は、日本医師会認定産業医研修の生涯研修「専門2単位」(0.5単位×4)を申請中です。

【主催】独立行政法人 労働者健康安全機構 愛媛労災病院

【共催】独立行政法人労働者健康安全機構 愛媛産業保健総合支援センター

【後援】愛媛労働局 ・ 愛媛県医師会

 

※申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお申込みください。

※「病気になっても働き続けるために」チラシは、こちらをご覧ください。